忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
カテゴリー
フリーエリア






最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
アケミックス
性別:
非公開
バーコード
RSS
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
<<   2017   12   >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
15 December 2017            [PR]  |   |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11 September 2008            口に蜜蝋が溜まる  |  未選択  |  C:0  |
今朝のパンに塗った蜂蜜が、買って忘れてたやつで蜂の巣入りで、蜂の巣が入ってることも忘れててそれを避けることもなくスプーンを差し込んでパンに塗ったから、噛み砕かれた蜜蝋が奥歯に貼り付いてそれがしばらく何か解らなかった。蜜蝋だと思ったのは満員電車の中だった。

昨日から電車とか待ち時間に春の雪っていう本を読んでいて、予備知識といえば前に映画になってたよね観なかったけど…程度で、半分も読まないうちに主人公のばかな美少年に相当うんざりしてるんだけど表紙の題名の、「春の雪」のしたに小さく書いてある「豊饒の海一」という字に気づいて、はっとしてカバーの後ろの折り返しを見たらなんとこの文庫本、四巻まであるというんだ…。

このばかがずっと主人公だとしたら…

と思ってうろたえたんだけどどうなのだろう。

このばかは、小気味良く破滅するの…?しないような気もする 。はかなくきれい目にどうにかなりそうな気もする、強く。

わたしはこのばかを、読み終わるまでに好きになったりできるのか?
この松枝清顕はあまりに仔猫ちゃん過ぎる。そんな、いくら美少年でも…いや、美少年だからいいのか世間的には。この美少年さにうろたえたりイラついたりしている時点で、次には好きになるしかないのかもしれないけど今のところはとても嫌だ。

プライドの高い器量の小さいうぬぼれやの美少年が(って言ってももう18とか19だけどなぜだか美青年でなくて美少年っていう表現なんだなんかそれも尻のすわりが悪いといえば悪い)、従姉との恋の駆け引きで自分を優位にしておくために冷淡さを装ったり、女郎と寝たと嘘をついてみようとして結局やめたり必死にいろいろするんだけど、それがあんまり豪華な表現でさまざまな葛藤だとか策略をめぐらせたりだとかをしているものだから肩が凝っているのかもしれない。

一冊ずつ主人公が入れ替わりますように。下世話な気持ちの今の心境としては私の今のところわりと好きなばかの清顕の教育係である怨恨に満ちて暗い目をした書生が次の主人公ならうれしいけど多分というか絶対それはない。
 
これを、映画で妻夫木聡がどうやって演じたんだろう…妻夫木といえばこないだの試写会のパコと魔法の絵本に出てたんだけど…シャブ中の廃人寸前のもと子役の役なのだけどすごい怪演で、彼のクライマックスではびっくりしすぎておしっこが出そうになったんだけど。

いまは四冊のうちの一冊の半分よりちょっと前、つまり導入部だからこその、鼻持ちなら無いつかみだとして…清顕を好きじゃなくてもきっともっと面白くなるんだ。今も結構えぐくて面白いし書生とか従姉のばあやの蓼科とか。

豊饒の海って月のクレーターの一つじゃなかっただろうか。静かの海とか、名前がついてるあの。


PR
Name

Title

Mailadress

URL

Font Color
Normal   White
Comment

Password


<<   HOME    171  170  169  168  167  166  165  163  162  161  160   >>
忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts